解体工事中の責任は解体工事業者にあるが、保険で賄うのが大半

解体工事は大きなもので、周辺に被害が及ぶこともあります。

その為、解体工事の業者は保険に加入しており、そのリスクを回避しています。

壁を壊された場合、費用は全て解体業者の負担になります。

解体業者は請負業者になりますので、賠償責任保険に加入していれば、例えば隣人の壁を壊してしまった場合でも、弁償してもらうことが出来ます。

こういった事故の場合、元に戻すのが基本ですし、責任は業者側にあります。

もし業者が保険に加入していなかった場合は、請負業者と工事を依頼した人と相談し、どうしていくか決めていくことになります。

基本的には業者の責任になりますので、解体工事を行う際はその業者が保険に加入しているかを必ず確認しましょう。

解体業者と一言に言っても悪徳業者も存在します。

そういった業者を選んだ場合、周囲への被害は依頼者にもかかってきてしまいます。

壁を壊すとまでは行かなくても、近隣への迷惑は大なり小なり出てくるでしょう。

解体工事の問題解明改善ナビで挙げられていたのは騒音トラブル、粉塵の問題などです。

気づかなかったではすまされないことですから、どんな迷惑をかけるおそれがあるのか事前に色々と調べておきましょう。